日本の山形県の市。山形県の県庁所在地
山形市


山形市(やまがたし)は、日本山形県

霞城セントラル展望台から中心市街地を望む

知る編集

山形は蔵王山の温泉と山形で何世紀にもわたって沢山の人によく知られています。実際、松尾芭蕉は1689年7月13日、詩的な旅の一環として山寺に立ち寄り、「奥の細道」を書き、次の有名な俳句を書きました。

静けさや岩にしみ入る蝉の声
—松尾芭蕉

蝉の甲高い音が岩をくぐり抜けているように聞こえる夏の終わりに寺院(または日本のほとんどの場所)を訪れると、この意味がすぐにわかります。

歴史編集

地理編集

山形盆地の南部に位置し、宮城県の県庁所在地である仙台市と隣接しています。

基礎データ編集

  • 人口
    • 247,234 
  • 面積
    • 381,340,000 平方メートル 
  • 方言
    • 村山弁 

人口編集

県の人口の約23%が山形市にあり、県2位の鶴岡市の2倍を超えている。

 
と全国の年齢別人口分布(2005年) の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ―
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

着く編集

飛行機で編集

市内に空港はありません。最も近い空港は、1 山形空港です。

鉄道で編集

山形新幹線で、東京からアクセスできます。山形新幹線は、山形駅に停車します。

車で編集

  • 山形自動車道
  • 東北中央自動車道

移動する編集

町のほとんどは町の真ん中にあるJR駅を中心にしています。山形にはバス路線、タクシー、自転車の貸し出しがあります。最も人気のある観光地のほとんどは、山寺や蔵王温泉など、さらに遠くの地域を含む町のさまざまな地域に走るバス路線を持っています。オープンシーズンの週末と祝日には、蔵王温泉バスの一部が岡間火口で停車します。

山交バスの時刻表は、こちら

山寺の場合、山寺駅まで電車で行く方が便利かもしれません。駅からはお寺の入り口まで徒歩5分で、たくさんのお土産屋さんがあります。山形は、仙山線から仙山線までの山形駅から電車で20分以内(2018年7月現在240円)です。

山形は、国道19号線と国道62号線の交差点にある山形駅から北東に車で約25分です。山寺駅の近くには大きな駐車場があり、寺院群の近くには小さな駐車場があります。駐車料金は300円〜500円です。

観る編集

  • 山寺 (立石寺)
  • 山寺後藤美術館
  • 山寺芭蕉記念館
  • 紅葉川渓谷
  • 山形城
  • 最上義光歴史館
  • 山形県立博物館
  • 文翔館
  • 山形美術館
  • 山形市郷土館
  • 清風荘
  • 山形大学附属博物館
  • 唐松観音堂
  • 鍋太郎
  • 山形県芸文美術館
  • 山形市産業歴史資料館
  • 國井誠海記念館
  • わらべの里歴史と文化の美術館
  • 1 山形美術館      

する編集

  • やまがた伝統こけし館
  • 蔵王温泉スキー場
  • 蔵王温泉大露天風呂
  • 源七露天の湯

買う編集

  • 1 田中こけし店

食べる編集

山形はラーメンで知られています。ここで生まれたと言われているのは、冷えているのが特徴の冷やしラーメンです。一年中食べることができますが、夏の間は特に人気があります。山寺は、こんにゃくの玉であるたまこんで知られています。「悪魔の舌」のルーツ)醤油で調理し、棒で提供します。山寺のふもとで買うと、山頂の寺院にたどり着くためのスタミナが得られると言われています。彼らが付けたマスタードは日本式のマスタードであり、西洋の品種よりもはるかに熱いことに注意してください。寺院とJR駅を結ぶ通りには、山形郊外の大都市にある素早い麺屋で味わう、しなやかな蕎麦とは比べ物にならない、作りたての蕎麦を提供する家族経営の蕎麦屋が並んでいます。三彩の郷土山菜 を添えて麺が手に入るなら、旬の珍味のチャンスを逃さないでください。

飲む編集

泊まる編集

出かける編集