愛知県の西部に位置する市、県庁所在地
名古屋市


名古屋市(なごやし)は日本愛知県の都市。

名古屋市の地図

地区編集

  • 1  中区

知る編集

愛知県の県庁所在地である名古屋は、東京、横浜、大阪に次ぐ日本第4の都市であり、国内有数の経済の中心地です。製造業に関しては、自動車製造の巨人であるトヨタ、ホンダ、三菱自動車の本拠地として、。ほとんどの観光客が東京と京都の間を行き来する新幹線が通っています。

歴史編集

現在、名古屋は近代的な大都市であり、12世紀にこの地域に建てられた那古野荘と呼ばれる古い邸宅にちなんで名付けられました。邸宅は200年間繁栄し、人々は邸宅の名前でその地域を参照し始めました。時が経つにつれ、「那古野」という漢字の発音は「名古屋」に移り、現在に至ります。

15世紀、3人の人物、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が名古屋周辺から誕生し、政府の下で日本を統一するという野心的な目標を立てました。徳川は関ヶ原の戦いで勝利した後、1603年、次の250年間日本を統治する徳川幕府を江戸に設立しました。

国を統一した直後、徳川家康は息子のために名古屋城の建設を命じました。その後、近くの清須市に城周辺への移動を命じ、やがて町ができました。綿花、陶磁器、材木は、町が都市に成長するための町を支える主要な産業でした。

明治時代に日本が世界に開放された後、名古屋は急速に工業化され、日本の他の地域との交通を確立し、商品を簡単に輸出できるようになりました。第一次世界大戦中、名古屋は鋳造所、機械、重工業の輸出で知られるようになり、1930年代、成長を続けました。

1920年代は名古屋の自動車産業の始まりであり、現在でも続いています。業界の中心はトヨタ自動車です。トヨタは織機会社としての謙虚な始まりから始まり、1930年代に自動車事業に参入しました。現在、世界最大の自動車メーカーとしての地位を確立しており、自動車メーカーの巨人であるホンダや三菱とともに、地域経済の中心にいます。

第二次世界大戦中、名古屋の製造インフラの多くは軍事製品の生産に向けられ、空襲の標的になりました。戦争中に都市のほぼ25%が破壊され、人口のほぼ半数が攻撃を避けるために田舎に逃げました。

終戦は名古屋にとって新たなスタートを切りました。車に広い通りや高速道路が作られました。

名古屋は現在、国の経済大国の1つとしてランク付けされており、トヨタ自動車、ブラザー工業、大同製鉄所、牧田、デンソー株式会社、INAX、鈴木自動車、本田技研工業、ノリタケ、日本ガイシ、オリンパスオプティカル、ヤマハなどの多くの企業が本社や支社をおいています。

活況を呈する経済もこの地域に多くの外国人をもたらし、この地域は現在、経済の車輪を回し続けるのを助ける日系ブラジル人移民をホストしています。経済が堅調で人口が増加している名古屋は、今後注目すべき都市です。

気候編集

名古屋の気候は年間を通じて大きく異なり、平均気温は1月は4°C(39.2°F)、8月は27°C(80.6°F)になります。この都市は、日本の多くの都市と同じように非常に暑くて湿度の高い夏で、8月の気温は通常30°C(86°F)を超えます。暑さを嫌う人は、春か秋が良いでしょう。

着く編集

飛行機で編集

中部国際空港編集

  • 1 中部国際空港。 「日本で3番目に主要な国際空港です。大阪市から南に30分の人工島にあります。施設には、2つのホテル、レストラン、ショッピングコンコース、滑走路の景色を望む温泉スパがあります。    

中部国際空港と名古屋中心部を結ぶ最良の方法は名鉄空港線です。最速の列車は、30分ごとに名古屋に向けて出発するすべて予約の「ミュースカイ」です。所要時間は28分で1230円です。

中部国際空港から名鉄バスターミナルまでバスが1時間ごとに運行しており、所要時間は約1時間20分で1200円です。バスは、名古屋東急、名古屋観光ホテル、ヒルトン名古屋などのいくつかの主要ホテルにも停車します。

大人数での旅行の場合、つばめ空港リムジンは専用バンサービスを提供しています名古屋とセントレア空港間のバンは6〜9人の乗客を収容し、サービスの費用は目的地によって異なります。一例として、名古屋駅のある中村区へは12000円です。

バンより少し高いのはタクシーです。名古屋駅への旅行は15000円から16000円です。

名古屋空港編集

  • 2 名古屋空港 (北部)。 「青森、岩手、新潟、高知、福岡、北九州、熊本、山形など、国内の多くの目的地へのフライトがあります。ほとんどのフライトは日本航空と共有されています。名古屋駅までシャトルバスで30分700円です。    

鉄道で編集

  • 名古屋駅 - 新幹線やJRを利用して全国へと行くことができる。
  • 近鉄名古屋駅 - 関西方面へ行く場合はこちらが便利。
  • 名鉄名古屋駅 - 岡崎市犬山市に行くにはこちらが便利。

移動する編集

 
名古屋市営地下鉄 路線図

名古屋市営地下鉄を利用する。路線は名城線、東山線など多数。manaca(マナカ)など交通系電子マネーを1枚持っていれば市営地下鉄、市営バス、名鉄などと共通して利用できて便利。

チケット編集

地下鉄・バスを組み合わせた割引券があり、一日に何度も乗る場合に便利。 その他この割引券で、名古屋城、名古屋水族館など31の主要な施設、および「矢場とん」などの2飲食店で割引・特典を受けることができる。(ドニチエコきっぷ・一日乗車券の提示による特典 名古屋市交通局

  • ドニチエコきっぷ — 大人¥620、子供半額、土・日・休日および毎月8日専用。
  • バス地下鉄全線一日乗車券 — 大人¥870。
  • バス全線一日乗車券 — 大人¥620。
  • 地下鉄全線一日乗車券 — 大人¥760。
  • メーグル1DAYチケット — 大人¥500、観光ルートバス「メーグル」のみ。

観る編集

  • 1 名古屋城  。 「尾張藩の本拠地となった城。    
  • 2 東山動植物園  。 「名古屋駅より東山線を利用し、東山公園下車徒歩約3分のところにある動植物園。    
  • 3 名古屋港水族館  。 「名古屋港にある水族館。近くには観光スポットも多い。    

行く編集

スポーツ編集

  • 中日ドラゴンズ - 名古屋を拠点とする野球チーム。本拠地はナゴヤドーム。
  • 名古屋グランパス - 名古屋を拠点とするサッカーチーム。なお、スタジアムは豊田市にある。
  • 相撲 - 年に一度、名古屋場所がある。

食べる編集

名古屋には愛知県や東海地方の郷土料理が集まり独自に発達した料理も多い。そのため、きしめん、ひつまぶし、味噌煮込みうどん、味噌カツ、小倉トースト、手羽先、台湾ラーメン、あんかけスパゲッティ、トンテキ、天むす、など食べるべき料理は多い。これら独特の食文化は近年「名古屋めし」と呼ばれ、注目されている。喫茶店文化が発達しているためモーニングと呼ばれる朝食を味わうのも良い。大都市であることから西洋料理も多い。地鶏として名古屋コーチンと呼ばれる鶏の品種がある。

泊まる編集

多数のホテルがあり、外資系の高級ホテルから安宿まで幅広い。

安全を確保する編集

  • 名古屋走り - 自動車運転に独特の癖がある。それほど危険ではないが、注意が必要。

出かける編集