フィンランド


フィンランド(ふぃんらんど)は、ヨーロッパにある国家。正式名称は、フィンランド共和国。首都は、ヘルシンキ。サンタクロースの故郷として、広く知られています。

地域 編集

 
フィンランドの地図
  フィンランド南部 (カンタ=ハメ県, パイヤト=ハメ県, ヘルシンキ, ウーシマー県, キュメンラークソ県, 南カルヤラ県)
首都のヘルシンキとヘルシンキがあり歴史が深いウーシマー県スウェーデン語Nyland)などがあるロシアとの国境まで続く南側の海岸線です。
  西海岸 (中部ポフヤンマー県, ポフヤンマー県, 南ポフヤンマー県, サタクンタ県, 南西スオミ県)
南西に位置する沿岸地域。古都・トゥルク、ポフヤンマー県の南部(フィンランド語Pohjanmaaスウェーデン語Österbotten)は、スウェーデン語話者が多くの割合を占めています。
  フィンランド湖水地方 (北サヴォ県, 北カルヤラ県, 中央スオミ県, 南サヴォ県, ピルカンマー県)
内陸にあるタンペレからロシアとの国境までサヴォ(フィンランド語Savo)やカレリア(フィンランド語Karjala)などの森林や湖沼が多い地域が続いています。
  フィンランド北部 (ラッピ県, カイヌー県, オウル)
フィンランドの北部はほとんどが荒野となっていますが、一部の重要な都市が点在しています。
  オーランド諸島
フィンランドの南西海岸の沖にある島々。自治権を持ち、スウェーデン語を母国語としています。

都市 編集

 
ヘルシンキ大聖堂、街の有名なランドマークでありシンボルです。
  • 1  ヘルシンキ — 「バルト海の娘」と呼ばれるフィンランドの首都で、国内最大の都市。
  • 2  タンペレ   — 歴史的な産業都市であり、湖の間に位置するスカンディナヴィアで最大の内陸都市です。
  • 3  トゥルク — 南西にある古都。中世のトゥルク城とトゥルク大聖堂が特に有名な著名観光地。
  • 4  オウル   — フィンランド北部最大の都市。かつては木タールとサーモンで知られていましたが、今では主要なハイテクの中心地に発展しました。
  • 5  ロヴァニエミ   — 「サンタクロースの故郷」として知られる北極圏の首都ラップランド。
  • 6 ラハティ   — かつては犯罪で知られた「フィンランドのシカゴ」は、現在ではスキージャンプの重要な町であり、フィンランドとロシアを結ぶ鉄道の拠点でもあります。
  • 7 ユヴァスキュラ   — 機能的な建築とラリー文化で知られる学生都市。
  • 8 クオピオ   — 湖に囲まれたフィンランド東部最大の大学都市。
  • 9 マリエハムン   — オーランド諸島の首都であり唯一の町。

その他の目的地 編集

  • 1 フィンランド多島海域   — フィンランドとオーランド島の間のバルト海地域は、数千の島があることで知られています。
  • 2 サイマー湖   — フィンランド最大の湖沼地帯。この地域には絶滅危惧種のサイマーワモンアザラシが生息しています。
  • 3 カシヴァルシ — フィンラブドの最高峰は、「フィンランドの腕」と呼ばれるこの自然地域にあります。

知る 編集

フィンランド
 
フィンランドの旗
人口 5,563,970 
面積 338,145 平方キロメートル 
言語 カロ・フィンランドロマ語 
通貨 ユーロ 
電気のプラグ ユーロプラグ 
国際電話番号 +358 
時間帯 UTC+2 
緊急電話番号 112番 
車両の通行側 
表示0-0ウィキプロジェクト

着く 編集

飛行機で 編集

鉄道で 編集

車で 編集

バスで 編集

船で 編集

移動する 編集

話す 編集

観る 編集

する 編集

買う 編集

食べる 編集

飲む 編集

泊まる 編集

学ぶ 編集

働く 編集

安全を確保する 編集

健康を維持する 編集

繋がる 編集