北ヨーロッパの国
ヨーロッパ > 北欧 > バルト三国 > エストニア
エストニア


エストニア英語Estoniaエストニア語Eesti)はバルト海の宝石であり、訪問者は海岸にある小さなダイナミックな土地を見ることができます。

バルト三国の最北端にあり、最小の国であるこの国には、魅力的な旧市街とハンザ同盟の遺産が残っています。タリンの中世の旧市街は、中世にドイツ人によって建設されたもので、中世の城壁と塔がほぼ完全に損なわれていない壮大な状態にあり、ヨーロッパで最も優れた中世の旧市街の 1 つとして評価されています。訪問者は、現在、ヨーロッパ連合の一部となっている旧ソ連の遺跡も見ることができます。ソ連時代の痕跡が今も見られる、パルディスキは、かつてエストニア人の立ち入りが禁止されていた人けのないソビエト軍基地で、首都タリンからの日帰り旅行で簡単に訪れることができます。エストニアは、その牧歌的な島々と広大な沼地で有名で、現在は観光客が簡単にアクセスできる国立公園にもなっています。広大な海岸線には素晴らしいビーチが点在していますが、遊泳シーズンは短く、バルト諸国は温暖な気候で有名ではありません。

地域編集

エストニアは 15 の郡に分かれています。エストニアのユニークな特徴を引き出すために、このガイドでは 4 つの地域で分けています。国が小さいため、ほとんどの目的地はタリンから数時間以内に到達できます。

 
Regions of Estonia
  北エストニア
人口の 3 分の 1 を超える最も工業化された地域です。ナイトライフとユネスコ世界遺産に登録されている中世の旧市街があるタリンは、有名な観光名所です。美しい小さなビーチビレッジがたくさんあり。ラヘマー国立公園は、タリンから 1 時間以内で行くことができます。
  東エストニア
ロシアに隣接するイダヴィル郡にありまふ。多くのランドマークがあるナルバは、国の最東端です。海辺のリゾートは、エストニアで最高のリゾートの 1 つです。
  西エストニアと島々
リゾート地域であるハープサルパルヌ、およびその島々で知られています。この地域には歴史的背景があり、NoarootsiとRuhnu島とVormsi島には沿岸のスウェーデン人が住んでいます。その他のユニークな場所には、豊かな文化遺産を持つキフヌ島とムフ島、ヴィルサンディ国立公園マツァル国立公園があります。
  南エストニア
活気ある大学都市タルトゥを中心とした地域です。さらに南と南東には、ムルギマーヴォロマーセトマーがあり、今日でも独特の文化遺産が見られます。カルラ国立公園スーマー国立公園、オテパー近くのスキーリゾートがこの地域にあります。

都市編集

 
聖オラフ教会の塔から見たタリンの中世の旧市街

知る編集

エストニア
 
エストニアの旗
人口 1,357,739 
面積 45,339 平方キロメートル 
言語 エストニア手話 
通貨 ユーロ 
電気のプラグ ユーロプラグ 
国際電話番号 +372 
時間帯 UTC+2 
緊急電話番号 112番 
車両の通行側 
表示0-0ウィキプロジェクト

着く編集

飛行機で編集

鉄道で編集

車で編集

バスで編集

船で編集

移動する編集

話す編集

観る編集

する編集

買う編集

食べる編集

飲む編集

泊まる編集

学ぶ編集

働く編集

安全を確保する編集

健康を維持する編集

繋がる編集